野焼き その1

また初っ端から脱線します。 これが私の質(たち)なのでこれからもしばしば話が飛ぶことがあります。(謝々)

昨日の記事で広瀬淡窓の「七言絶句」を記しました。 すぐに思い浮かべたのが永六輔の『一言絶句』です。 この本は一般の方からの投稿をまとめたもので、ひとつひとつの句に人生の機微・一端が垣間見えます。(笑)

本題に戻ります。 ようやく晴天が続き昨日までの3日間は終日野焼き作業でした。 まだ残っています。(ガックシ) 草刈りは草刈りだけで終わりません。
野焼きは草刈りと同じくらい労力と時間がかかります。

下手をすると野火(火事)のようになり危ないので、浅井戸のポンプを稼働し(ボーリング井戸は水圧が低いので使えません)、ホースをつないでいつでも散水できるようにしておきます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

クレオパトラの夢

里山で暮らし、木こり(樵)を生業としているおじさん(おじいさん?)です。

趣味は、音楽鑑賞(ジャズ・クラシック・ラテン他)、読書、アウトドアスポーツ(ヨット、パラグライダー、釣り他)です。

日々のことがらをのたりと記してゆきます。

カテゴリー