隆慶一郎 その4

つい先日、同級会の理事会を開きました。 コロナ禍の中、大勢が集まる総会は開催できないので、会計監査報告を兼ね少人数での会合となりました。 雑談でどんなお酒が好きか?と言った話になりました。

ビールはもちろん大好きですが、大手メーカーのビールはさほど金額に差はありません。 ウィスキーやワインとなると価格の差はピンキリで、好みもあるでしょうが美味しさも比例します。 日本酒はあまり飲みませんが、これはまた味わいも千差万別、印象に残っているのは、福井県に居た時に勧められた黒龍の大吟醸です。 黒龍の酒造会社は永平寺町にあり、近くを九頭竜川(くずりゅうがわ)が流れています。

永平寺と言えば、野々村馨の『食う寝る坐る永平寺修行記』 (新潮文庫)を思い出します。 永平寺にも、上記酒造会社にもそれぞれ行ったことがあります。

お酒の話に戻ります。 少し前の記事「キース・ジャレットその2」で、名盤の評価はないけれど、あの世に持っていきたいアルバムがあると記しました。 自分にとっての名盤ですね。

日本酒にも自分の口に合った名酒(銘酒)があります。 あるお方から頂いたお酒です。 長野県佐久市にある酒造会社なんですが、何故か”九州地区限定販売辛口純米酒”とラベルにあります。 いつかこの酒造会社の方に、九州地区限定の意図を聞いてみようと思います。

さてさて、隆慶一郎の『短編全集2』の最後尾にある短編『狼の眼』、これが実に秀逸でした。 この短編に、秋山要助(江戸時代の剣客。 扶桑念流を開いた)と武田軍太の五本勝負が描かれていますが、このクライマックスの場面が九頭竜川の堤防です。 ストーリー展開が読者を唸らせてくれます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

クレオパトラの夢

里山で暮らし、木こり(樵)を生業としているおじさん(おじいさん?)です。

趣味は、音楽鑑賞(ジャズ・クラシック・ラテン他)、読書、アウトドアスポーツ(ヨット、パラグライダー、釣り他)です。

日々のことがらをのたりと記してゆきます。

カテゴリー