岡山県・・・渋川 合宿 その2

当時の大学のヨットレースに使用する艇種は、主にA級ディンギー(A級)、スナイプ級(S級)、フィン級でした。 (現在、大学​では、470級、スナイプ級、レーザー級、高等学校​では、420級、レーザーラジアル級が主のようです。)

と言っても、一般の方には分からないでしょうね。 興味があれば画像や動画検索してみてください。 (因みにA級ディンギーは、クラシック〔=古典〕過ぎて、今では、一部の愛好家、愛好会でしか所有していません。)

どの艇種に振り分けられるかは、大雑把に体格で選ばれたような気がします。 私はA級ディンギーのクルー(乗組員)となりました。 スキツパー(艇長)と二人で操ります。 スキッパーとなってティラー(舵柄)を握るのは2年生になってからでした。

私と同期の新入部員は10名余り(女性が2人いました)で、交代でヨットに乗り込みます。 海上に出た部員は、スキッパーの指示のもと、ひたすら方向転換の練習をします。 残された部員は、砂浜でロープワークなどを身体に染み付くまで繰り返し練習します。

方向転換の練習は、もっぱらタッキング(艇首を風上に向けての方向転換)と、ジヤイビング(艇首を風下に向けて風を受ける舷を変える)で、指示の合図は、「タック」、「ジャイブ」です。 スキッパーからの次から次へと繰り出される叱咤を受けながら、最初は自分が何をしようとしているのか、何が何だか分かりませんでした。

ロープワークも様々ありますが、ヨット、登山(登山で使用するものはザイルです)、ボーイスカウトのそれぞれのものを習得すれば、特殊なもの(庭師や茅葺屋根の修復etc)を除き、大半を身につけれるのではないかと思います。

おっと、釣り糸の結び方(フィッシングノット)は、また別です。 ・・・そもそもこれはロープワークとは言いませんね。 ・・・フィッシングノットを扱った本だけでも10冊以上出版されています。

コメント

非公開コメント

プロフィール

クレオパトラの夢

里山で暮らし、木こり(樵)を生業としているおじさん(おじいさん?)です。

趣味は、音楽鑑賞(ジャズ・クラシック・ラテン他)、読書、アウトドアスポーツ(ヨット、パラグライダー、釣り他)です。

日々のことがらをのたりと記してゆきます。

カテゴリー