アル・ジャロウ

この記事は、アソシエイトプログラム申請を意図して書いています。 文章に画像を添付したいからです。 そうすれば、パソコンでは画像が見れると思います。 スマホでは画像は見れないかもしれません。

私の持っているジャズアルバムは、大半がインストゥルメンタルですが、ボーカルも僅かながらあります。
最初に登場するのはアル・ジャロウ、天才シンガー、スーパー・ヴォーカリスト、人間楽器ともよばれ、凄まじい速さで繰り出すマシンガン・スキャットは一聴の価値があります。

初めて聴いて驚いたのは、「チック・コリア」の「スペイン」を、ピアノのフレーズそのままに声で完コピしているからです。 またこれもあとで記しますが、「マリーン」の「スペイン」も躍動感があって素敵ですね。 由紀さおりさん&安田祥子さんには、トルコ行進曲に次いで「スペイン」も是非歌って欲しいものです。(笑)

さてアルバムの紹介をします。 おすすめは『ベスト・オブ・アル・ジャロウ』です。 「スペイン」はもちろん、「おいしい水」、「テイク・ファイブ」、「モーニン」などテンコ盛りですよ。

残念ながら、この方ももう生で見ることはできないのですね。(涙)

コメント

非公開コメント

プロフィール

クレオパトラの夢

里山で暮らし、木こり(樵)を生業としているおじさん(おじいさん?)です。

趣味は、音楽鑑賞(ジャズ・クラシック・ラテン他)、読書、アウトドアスポーツ(ヨット、パラグライダー、釣り他)です。

日々のことがらをのたりと記してゆきます。

カテゴリー