山仕事・・・薪割り その2

言わずもがなのことですが、薪を割る目的は早く乾燥をさせるためと、薪ストーブに入る大きさにするためです。
私の場合、長さは前にも記しましたがおおよそ30cm、40cm、50cmぐらい、太さも細、中、太と、お客様のストーブに合うように作っています。

ところで樹種によって薪割りの感触はずいぶん違います。 クヌギや樫はまっすぐな丸太では比較的割りやすいです。 ミズナラは多少粘っこいですし、ケヤキはさらに繊維が絡んでいて割り難いですね。 特にケヤキの枝が分岐したところは、力の弱い薪割り機では難儀します。 椿は良い薪となりますが、丸太のままでは乾燥しづらく、割るときにはパリンと弾けるように割れます。 それぞれの木に特徴があります。

この仕事を創めたころ、ユーチューブでいろいろ調べました。 すごい人もいるもので、平らな場所に丸太を数十個並べてそれをロープで括り、丸太の上に乗って薪割り斧を高速で振り下ろし、次々に丸太を割ってゆき、あっという間に大量の薪を作ります。

海外では、自作の危険な薪割り機(金属でできた水車のようなものが回転し、その円周に斧がついている)や、大型自動薪割り機(メッシュのフレコンバッグに割り薪を詰め込む)もあります。

コメント

非公開コメント

プロフィール

クレオパトラの夢

里山で暮らし、木こり(樵)を生業としているおじさん(おじいさん?)です。

趣味は、音楽鑑賞(ジャズ・クラシック・ラテン他)、読書、アウトドアスポーツ(ヨット、パラグライダー、釣り他)です。

日々のことがらをのたりと記してゆきます。

カテゴリー