• 門田隆将・綱淵謙錠 その3
    戦後間もない1947年に台湾で起きた「2・28事件」。 日本に代わって台湾統治を始めた国民党政権が多数の市民を殺害する中、命懸けで民衆を守った男性弁護士がいた。 熊本県宇土市出身の父と台湾人の母を持つ坂井徳章(台湾名:湯徳章)。処刑が行われたのは逮捕から2日後の3月13日。 拷問で肋骨が折れ、手の指も動かなくなった坂井は、後ろ手に縛られ、処刑場となった台南中心部の公園に連れてこられても悠然としてい...
  • 門田隆将・綱淵謙錠 その2
    前置きが長くなりましたが、今回は門田隆将の作品、台湾で「英雄」となったある日本人の物語『汝、ふたつの故国に殉ず』について記します。その前に、前々回のこのブログで記した、台湾を救った陸軍中将根本博『この命、義に捧ぐ』について少し追記します。陸軍中将、根本博は、満州(現・中国東北部)の西側にある内蒙古(現・内モンゴル自治区)に駐屯していた駐蒙軍の司令官として、終戦後も侵攻を続けるソ連軍に抗戦。 蔣介石...
  • 門田隆将・綱淵謙錠 その1
    今年は正月早々能登半島地震があり甚大な被害が発生しました。 その後も地震は続き、多くの方が亡くなり、またたくさんの方々が避難生活をされ、しばらくは復興の道筋も見えない状況にあります。 お悔みとお見舞いを申し上げます。日本で大きな災害が起きる都度、毎回多額の義援金を申し出てくれる国のひとつが台湾です。 親日国ランキングというのがあります。 調査方法もいろいろあるでしょうが、そのなかで1位が台湾、2位...
  • 門田隆将・山崎豊子
    前々回の記事で進化の経緯が解明される時代がいずれ来るだろうみたいなことを記しました。 1月8日のNHKーBSで(再放送だと思います)「フロンティ日本人とは何者なのか」を途中から見ました。一部要約すると、古墳時代の庶民の墓の骨をDNA解析し2021年に結果判明。 古墳時代に、既に第3のDNAが占めている。 渡来人と縄文人が混血して弥生人となったと考えられているが、現代日本人にはこれらと異なる”第3の...
  • 門田隆将・司馬遼太郎
    カミさんの知人に読書家の方がいて読了した本を貸してくれたり頂いたりしています。 私も時々拝借して読んでいます。 そのなかにノンフィクション作家門田隆将の作品があり、エルトゥールルの奇跡と邦人救出の迷走『日本遥かなり』を読みました。日本には世界に誇れるものがいくつもあります。 長い歴史と伝統、すぐれた文化・芸術、美しい自然、和食・・・等々。 片方で、世界各地で国際貢献を果たしている日本人を、日本が「...